予防歯科の大切さ

まこと歯科医院では、診療の際、予防の大切さについてお話しをさせていただいています。
特別なことをしているわけではないのですが、
ブラッシングの指導の際、磨き足りない箇所を赤く染める薬を使って、ご自分の目で確認していただくようにしています。
お子さまには、ほぼ全員にフッ素を塗布しています。
子どものうちからお口の中のことについて興味を持たせ、定期検診にもしっかり通う習慣をつけてあげることで、
きれいで丈夫な歯を残し続けることができるようになります。

TBI(歯みがき指導)コーナー

まこと歯科医院では、虫歯予防には、TBI(Tooth Brushing Instructionの略称)と呼ばれる歯磨き指導が必要と考えています。
正しい方法で歯磨きを行うことが虫歯予防の基本でもあります。
診察室にいきなり入るのに抵抗のある小さなお子さまには、TBIコーナーでスタッフと一緒に正しいブラッシングを練習していただきます。
ブラッシングの練習でスタッフとお子さまの距離がグッと近づき、歯医者への不安感を取り除いていきます。
子どもだけではなく、大人も日頃から口腔ケアを心掛け、お口の中をきれいに保つことが予防歯科の第一歩です。

TBIコーナー

フッ素について

歯は、食事をするたびに酸によって溶かされていて、この酸によって虫歯になってしまうのですが、唾液の成分で再石灰化することによって、歯は守られています。しかし、唾液だけでは限界があり、フッ素が大変重要な役目を果たすのです。再石灰化する時に一緒にフッ素を取り込むことで歯が強くなり、酸に溶けにくい歯に生まれ変わるのです。
まこと歯科医院では、高濃度フッ素配合の歯磨き粉などもご用意しております。詳しくは受付横のショーケースをご覧ください。

家庭で行うフッ素
家庭で行うフッ素

「フッ素配合」と書いてある市販の歯磨き粉には、500~1000ppm 以下のフッ素が入っています。歯磨き粉に含まれるフッ素に虫歯予防を期待する場合、濃度の高いもの(900ppm以上のもの)を選ぶのをお勧めします。

子どものフッ素
子どものフッ素

まこと歯科医院で治療したお子さまには、ほぼ全員にフッ素を塗布しています。上の前歯が生える1歳ごろからフッ素歯磨き剤(500ppm)を使うと良いでしょう。うがいが出来るようになったら、大人と同じフッ素配合歯磨剤が推奨されます。

当院で行うフッ素
当院で行うフッ素

歯科医院でしか、使用できない高濃度(9000ppm)のフッ素塗布を行っています。高濃度の為、ご家庭では、使用できませんが、こちらは、毎日ではなく、定期的(3カ月~6カ月に1度程度)に塗布することで、虫歯予防が出来ます。

定期検診について

歯をなくす原因の9割は、歯周病と虫歯です。 虫歯も歯周病も早期発見することで、重症化することを防ぐことが出来ます。ただし、初期の症状はどちらも、自覚症状がありません。その為、ご本人が、見逃してしまうことが多々あります。歯周病は特に、重症にならないと、気づかないことが多いのです。そこで、定期的に来院していただき、初期の状態で発見し、治療、予防することが必要不可欠なんです。 まこと歯科医院では、予防の大切さをご説明させていただいていますので、現在お越しいただいている患者さまの1/3は自発的に定期健診にお越しくださっています。

定期検診

PMTC(クリーニング)について

PMTC(クリーニング)

PMTCとは、歯科医師、歯科衛生士による歯面のクリーニングです。
毎日の歯磨きだけでは、歯石など落とせない汚れがあり、その部分をキレイにします。プロが行うので、痛みはありません。
PMTC(クリーニング)を受けることで、歯がツルツルになるので、虫歯の菌が付きにくくなります。
1回のPMTCが長期間持続するわけではないので、定期的に受ける必要があります。定期的に受けることで、虫歯予防にもなります。